幼児クラス「さぬき太郎」

幼児クラスのおやつ作りのときにおやつ作りの職人に扮して スパゲティーならば”セボンさん”とか餃子のときは”王さん”とかに大人が扮して作ると子どもたちも分かっていながら一緒に遊び心でおやつを楽しんでくれるのだ。今回は「香川からきた”さぬき太郎”だよ。」と言って手打ちうどん作りをした。こねたうどん生地を足で踏んで、パスタマシンで伸ばして切り、湯がいて出来上がり。

今回はいも天も揚げて”芋天うどん”をみんなでほおばったのだった。

このおやつ作り職人ごっこは今後も続きそうだ。