8月3日(火)

今日は朝からあまり天気はよくなく、若干の雨模様です。その分陽が当たらなくて少し涼しい朝を迎えて、子どもたちはぐっすり眠れました。

朝食を済ませ、散歩にいくころには雨もやんふだので、元気よく近所に散歩に出かけました。

散歩から帰り、みんなで海にGO! そのころには日が差しいい天気になって、海にはもってこいの天気になりました。

海遊びは浮袋につかまったり、ライフジャケットを着たりして、海の上をぷかぷか浮いてちょびやけんちゃんんいしがみついてはまた離れてを繰り返し遊んだり、海に投げ込んでもらい、ダイビングして楽しみました。

昼食はパスタ。ミートソース味と和風の大人味の2種類のパスタとフランスパンとおにぎり。「私は大人味。」「おれはミックス。」とそれぞれ好きなものを、好きなように食べました。

午後になり、帰る前に昨夜の出し物、余興の第二弾。ということで、もう一回宴会をして帰ろう。ということで昨日やった出し物の自慢のものをひろうすることにしました。「ああ、楽しかった。」

帰りにはマムシ温泉に寄りました。みんなワインの湯、お茶の湯打たせ湯などなどにつかり、汗を流し、キャンプの汗をきれいいっぱい洗い流して帰りました。

 

ドルフィンキャンプ (低学年キャンプ)8月1日(日)~3日(火)2泊3日

8月1日(日)~3日(火)の2泊3日島原で低学年キャンプを行うことにしていた。ところが福岡にまん延防止重点措置が発令されたので、雲仙のキャンプ場が2日からそれを実施するということで、1日しか泊まることができなくなり、急遽2日目からスケジュール変更。ということで、2日目は福岡に帰ってきて、違うスケジュールをすることにしました。

7月31日は大雨だったで、明日キャンプができるかな?と不安な気持ちでキャンプの幕開け。8月1日初日、出発時点では、も福岡は小雨模様「みんな日頃のおこないがいいから、ぜったいに君たちの思いは通じるよ。」と子どもたちをなだめて、自分にも絶対晴れてくれる。と言い聞かせて出発!

長崎道を通り、諫早を降りて島原方面に向かう昼前には晴れてきて、南島原に着いた時には青空でピーカンの天気。

すごい!の一言。さっそく着替えて、サップ体験をしました。始め恐る恐るSUPの上に座って乗っていましたが、そのうちバランスもとれるようになり、ほとんどの子が立って漕げるようになりました。

SUPのあとは横の砂浜で海水浴を楽しみました。海遊びを終えた一行はキャンプ地の雲仙へ。昨日大雨が降ったということで、テントサイトがびしょぬれ。そこでキャンプ場の方が配慮してくださり、本館の棟の下一階を貸していただけることに、またまたラッキー!そこは台所、サワールーム、トイレもあり、軒先ではばーばキューもできるので、子どもたちと火を焚いて夕食のおかずを焼いて食べました。夜はカブトムシやクワガタ虫もブンブン飛んできて、子どもたちも大喜びで一夜を過ごすことができました。。

夜中は涼しくてぐっすりねることができました。

糸島市 鹿家公民館デイキャンプ

7月4日(日)

6月に計画していたかるがもクラブのデイキャンプもコロナの関係でできなかったし、みんなも家族でお出かけなど、あまり行けていないだろうと思いプレイスクール全体で、先着20家族限定でデイキャンプを糸島市鹿家で行うことにした。そこは以前鹿家小学校があった跡地、今は公民館になって、地域のコミュニティーの場になっている。公民館から海までは徒歩で6分程。

今回は公民館の運動場で各家族でバーベキュー(焼いて食べる昼食)をして、そのあと海でカヌーをしたり、海水浴をしたりして楽しんだ。前の日から天気が悪くできるかな?と思っていたら当日雨が上がってくれたのでラッキー!

海も午前中は波が高かったのですが、午後は多少波も納まったので、カヌーを出すことにして、カヌー遊びもでき、子どもたちも親も満足気な顔で帰ることができました。

2021年 3月39日~4月1日 6年生卒業自転車旅行

6年生卒業自転車旅行 3月30日(火)1日目

2021年6年生卒業自転車旅行今年は2泊3日で福岡市から山口県下関市まで行く。さて、関門海峡のトンネルを通ることができるのでしょうか?みんな8時半には集合して、自転車を整備し、9時にはスタートできた。

天気もいいし、快調に自転車をこぎ進んでいく子どもたち。昼食の場所も予定より先で食べることができ、トラブルもなく、順調に進み、宿泊所の玄海自然の家にも予定時間より早く到着することができた。

夜は部屋でUNOをしたり、たわいもないことをおもしろ おかしく 話しながら夜を楽しんだのでした。

卒業自転車旅行 3月31日(水)2日目

卒業自転車旅行2日目、今日も晴天、黄砂も目立って降ってなさそうで、快適に走れそう。

山を越えるのは大変なので遠回りだが、海岸沿いを走ることにした。

海もきれいで、途中立ち止まったりしながら、ひと時海を気持ちよく眺めて、また出発した。

出発して1時間半ぐらいで、1台の自転車がパンク。どうやらガラスを踏んだようだ。

伴走車と自転車が合流する寸前、もう一台の自転車がまたもやパンク。どうやら今度は大きな魚の骨を踏んずけてパンクしたようだ。タイヤに骨が2本刺さっていた。

今日は長い距離を走らなければいけないのに、時間を食ってしまった。そのあと子どもたちの走るペースは結構早く、関門トンネル歩行者専用道を通過したはPM4時半ぐらいで予定より1時間も早く、宿泊所に到着したのも予定より1時間早かった。みんなよく頑張って走りました。お疲れ様。

卒業自転車旅行 4月1日(3日目)

6年生の卒業自転車旅行いよいよ最終日。今日は自転車には乗らない。下関→門司港を観光してJRで帰ってくる。

今日の一番目の観光は、昨日から今日にかけて泊まった「海峡の風」の裏手に”火の山”という山がありそこにロープウェイが出ている。まずはその火の山に登るためにロープウェイ乗り場に9時過ぎ行った。ところが、ロープウェイの始発が10時。あちゃー!ということで、火の山を登山して登ることにした。

火の山から下山し砲台跡に行ったら、巌流島の紙芝居をやっているおじさんがいて、ひとときその人の紙芝居を観て楽しんだ。そのあと、JR下関駅から門司港レトロに観光に向かった。門司港レトロでは、元気満々の子どもたち。観光をしないで、鬼ごっこをして遊んでいる子どもたちだった。(なんでここまで来て鬼ごっこ?)

「門司港レトロでは焼きカレーだよね。」ということで、お昼は焼きカレーを食べた。カレーの上にのっているチーズはこんがり焼き目がついて、最高だった。

 

そのあとJRに乗り門司港から福岡へ帰って来たのだった。

そして、プレイスクールに帰還して、旅行最後の記念撮影。パチリッ!お疲れ様でした。中学生になっても、遊びにきてね。待ってるよ。

2020年 2月 ナースリーと小学生 「同じ場所でこんなに違う遊び」

プレイスクールのプレイルームの床の一部は4メートル四方ぐらいの床下隠れ家があり、時々そこを開けて遊んでいます。プレイスクールはナースリー(3・4才)、幼児(4~6才)、小学生(1~6年生)のクラスがあり、同じ場所で遊んでいるので、同じ部分を使うにしても随分遊び方の違いがあります。

写真の上の部分は小学生。隠れ家のフタを開けた開口部の端から端までを上級生が飛び越える遊びをしています。

隠れ家下のの部分に子ども達やスタッフが寝っ転がり、飛び越える子を眺めるのです。跳ぶ方も見る方もスリル満点で、危険な遊びをしていました。

一方下の写真はナースリークラス。地下隠れ家に降りる階段を上り下りするのがやっとなので、隠れ家に入るだけでも勇気がいります。下に降りて「おくになにがあるの?」「なにがあるかな?行ってみようか?」と冒険する子どもたち。

だったのでした。

2020年 幼児クラス 1月・2月アイススケート

幼児クラスで今年は、1月31日と2月27日に2回 パピオアリーナスケート場にアイススケートに行きました。

さすがに子ども達の覚えは早い。まずは氷の上をハイハイからスタート。それから一歩づつゆっくり立ち上がり、次は歩く練習。一歩づつ歩いていた子ども達も1回目、帰るころにはだいぶ歩けるようになっていました。

2回目の2月に行ったときも、ハイハイから始めましたが、ほとんどの子がすぐに歩けて、氷の上をなんとなく滑ることができるようになったのでした。

一緒に滑ってくれたお母さんたちもご苦労様でした。若い頃、ちょっと滑ってた時を思い出しましたか?

パピオアリーナスケート場 来年は閉鎖されるという噂がある。手軽に滑りに来れていたのに残念です。

2020年 2月 小学生水曜日クラス 「ブラブラぶら下がり哺乳類集団」

,

子ども達はとかく高い所や隠れ家的なところやスリルのあることころが大好き。

先日、天井に取り付けている劇場用の照明バーに荷物固定用のロープ(厚手のひも)をぶら下げてアクロバティックに乗れるようにした。すると次から次から挑戦して、乗れるようになった子 続出。

まるでコアラみたいに、自慢気にブランブランと長くぶら下がっていた(哺乳類 チンパンジー科 人属)の 子ども達でした。

2020年 2月幼児クラス 「でんしゃごっこ」

「ただいまから 西鉄電車が発車しまーす。」よくやる電車ごっこです。

「この電車は天神発➡大牟田行」だそうです。

「ご乗車くださーい」と車掌さんは言ってるのですが、乗れる人数が3人ぐらいだったので、苦情殺到。そのうち改良され(椅子をテーブルの上にいっぱい並べ)たくさんのお客さんが乗ることができたのでした。安心。

2020年 2月8日(土)~9日(日) 「広島やわたハイランド191で雪遊び」

2月8日(土)~9日(日)にかけて、広島のやわたハイランド191スキー場に雪遊びに行ってきました。

今年は雪があまり降らずに心配していました。初日は3,4日前に降った雪がまだ残っていたので、どうにか滑れました。初日の夜雪が降りはじめたので、夜散歩に山の手まで25分ぐらいかけて散歩したらそこは雪がけっこうあって夜なのに雪投げしたり、雪だるまを作ったり、雪の上に寝転がったりしてはしゃいで遊びました。

その日の夜雪はシンシンと降り続け、朝には30㎝ほどの積雪になっていました。(昨年に引き続き、今年も超ラッキーでした)

スキー場は昨日とは打って変わって雪たっぷりで、転んでも痛くない状態でした。昨日滑れなかった子もどんどんうまくなり、ほとんどの子が滑れるようになって帰りました。

2020年2月 幼児クラス「秘密のへや」

「ねえ ちょび、てんじょうからかーてんをぶらさげて、部屋をつくって。」と部屋作りを子ども達に頼まれた。

そこらにあるカーテンや大き目の布を木に縛り付け、天上から吊るして秘密の部屋の出来上がり。なんだか怪しい空間になった。そこに女の子たちが入り、「おとこのこははいってきちゃだめ!」と男子は遮断され、女の子たちの秘密めいたコソコソ会話が始まった。

2020年1月 かるがもクラブ 「ラビオリ・パスタ麺 作り」

1月のかるがもクラブはデュラム小麦粉を使ってラビオリや生パスタ麺作りをしました。

デュラム小麦粉から生地を作るのは初めてという人がほとんどだったので、材料の調合やゆで時間などが麺の太さによって変わるので、ちょっと硬かったかな?とか、ちょっと茹ですぎかな?とかはあったのですが、ラビオリの具も肉や魚介類チーズ野菜いろんなものを入れた方も多く、美味しく出来上がっていました。

パスタ麺も美味しく出来上がってパスタソースもいろいろ凝って作る方もいて、部屋じゅうイタリアンな幸せな香り満載な親子活動でした。

2020年1月 小学生クラス 手芸クラブ「スカート作ったよ」

小学生の手芸クラブでスカートをミシンで縫って作りました。みんな苦労して作ったので喜びもひとしお。

さっそく出来上がった服でファッションショー!

どう?素敵でしょ。

2020年1月31日 ナースリークラス「親子でプレイスクール」

節分も間近な1月31日にナースリークラスでの「親子でプレイスクール」

親子でパンを作って、透明ゴミ袋に空気を入れて膨らませて作った鬼に、豆がわりにアルミホイールをみんなで小さく丸めて、それをゴミ袋鬼に投げつけて「おにはーそとー!」の鬼退散遊びをやった。

そのあと焼きあがったパンをみんなで頬張ったのでした。

2020年 1月6日・7日 「ナースリー・幼児・小学生 七草がゆの会」

正月始め、1月6日・7日の「七草がゆの会」から新年は始まりました。

ナースリー・幼児・小学生と各クラスで各々の七草がゆの会をしました。

ナースリークラスは親子で手形や足形を色紙にペタペタ。日付と名前を書いた書初めの出来上がり。そのあと2種類の七草がゆの味を楽しみました。

幼児クラスは書き初めは子どもだけの参加。絵や言葉の書初めをした後、七草がゆを食べました。

小学生クラスはみんなでコマ回し、ビー玉、文字合わせカルタなどの遊びをしたあと、今年の抱負を書き初めとして書いてもらったあと3種類味の七草がゆをお腹いっぱい食べたのでした。