2019年8月27日 幼児クラス 夏休み最後の夕食会

8月27日(火)は幼児クラスは2時~4時30分までと、4時30分から6時30分までの2クルーありました。1クルー目は工作したりみんなでゴム跳びしたりして遊び、

2クルー目は親子でおかずやご飯ものを持ち寄った夕食会を行いました。

鶏の南蛮浸けやアヒージョ、じゃがいもチーズ、ピザ、ピーマン炒め、コールスロー、味ご飯おにぎり、米粉パン、コロッケ、ポテトフライ、パスタ、ヤムウンセン、フルーツ、プリンなどなど、デザートなどもあり、食のにぎやかな楽しい夕食会になりました。

2019年8月25日(日) ナースリー・幼児 デイキャンプ

8月25日(日)にグリーンピア那珂川でナースリー・幼児 対象の日帰りデイキャンプをしました。

11時にグリーンピア那珂川のバーベキュー場に集まった親子。この日は天気が曇りところによっては小雨の状態で、ここにある山水を引いているプールはちょっと寒くていつもの賑わいはありませんでした。

ひとしきり遊んで、お昼のバーベキュータイム。持ち寄ったソーセージ、肉、野菜などを炭火で焼いて、何家族かとワイワイガヤガヤとにぎやかに、おなかいっぱい食べました。

食後は元気な子どもたちはプールで遊んで、寒い子は芝生広場でキャッチボールをしたり、サッカーボールで遊んだりしました。この日はグリーンピア那珂川でもイベントをやっていて、ただでくじ引きをして景品をもらったり、ストライダーで芝生コースを走ったりとそちらでも楽しんでいました。

2019年 8月24日 北九州芦屋 アクアシアンプール行き

8月24日(土)に北九州市芦屋にある「アクアシアンプール」に行ってきました。ここのプールは海と隣接していて、プールと海が行き来できるというなかなか遊び甲斐がある場所です。

この日もアクセスの問題もあったので、マイクロバスで行くことにしました。プールまでは片道約1時間半、10時に集まり出発。お昼ちょっと前に到着、まずお昼を食べて、ちょっとだけ休憩した子たちは、「もう入ってもいい?」「まだ?」「もう少し」「まだ?」そして、 「いいよ。」の声を聴くと、一目散にプールへドボーン!

流れるプールで浮輪につかまりながら、ユラユラと流れたり、水中鬼ごっこをしたり。と楽しんでいました。

長いスライダーもあるのですが、1回100円なので、みんな計算しながら「ぼくは1回すべる。」とか「ぼくは2回。」とか、それぞれに数回のスライダーを楽しんでいました。

隣には海があるのですが、女の子は「海へは行かない」と プールだけで遊んでいました。

男の子は海にいき、多少荒い波で「ヒャッホー!」と波乗りも楽しんでいました。

2019年 幼児クラス 夏休み そうめん、いろいろ流し

夏はやっぱりそうめん流しだよね。ということで、そうめん流しをしました。屋上で水遊びをしたあとそうめん流しに突入。そうめんをハシやフォークですくうのは幼児にとって至難の業、むずかしかったねえ。

そうめんを流した後はミニトマト、ゼリー、アメ、ぶどうなどいろんなものを流して楽しみました。

 

 

2019年8月11日 ナースリークラス お父さんとも遊んだよ

8月11日お盆前の日曜日でしたが、「親子で遊んで昼食会」の活動をしました。この日はおお父さんもお休みということもあり、何人も来てくださいました。まず、画用紙のお魚に色を塗ってたくさんの魚を作り、釣り竿も作って魚釣りごっこを楽しみました。

そのあとはパンをビニル袋でモミモミして作り、オーブンで焼いて昼食に食べました。

楽しい親子のプレイスクールになりました。

2019年8月10日 北九州いのちのたび博物館 ナイトミュージアム行き

8月10日 夕方に集まり、夜9時30分解散の夜の恐竜博物館探検のナイトミュージアムに行きました。

福岡市から北九州市まで距離があるし夜なので、マイクロ貸切バスで行くことにしました。

到着した一行はまずバスでの夕食弁当。それから6時半に受付を済ませ、ミュージアムへ。

中は暗くなっていて懐中電灯を照らして進むようになっている。子どもたちはワクワクしながら中へ入っていったのですが、スタッフは迷子が出ないか心配。始めは爬虫類のコーナーで大きなヘビや亀、トカゲなどを見て回り、そのあと恐竜の骨格がある方へ向かいました。不思議なことに子どもたちは恐竜の所はけっこう葉山にスイスイ進んでいき、クワガタやカブトムシ、かみきり、タマ虫の標本のところになるとじっくり観察していたのでした。(やっぱり手に取れて見れるようなものが身近で一番いいのかな?)

帰り道『9時になるとバスの車内の電気を消しま~す。」といっておいたので電気を消すと、いきなりシーンと車内は静かになったので、低学年の子は眠りだす子もいました。

2019年 8月7日~9日 海・山トレジャーハント

8月6日~9日 長崎県島原市~熊本三船にかけて海でのアクティビティーサップ体験と御船の恐竜博物館、それから化石掘り体験をするキャンプで「海・山トレジャーハント」を行いました。

ところが出発5日ぐらい前に南に熱低から台風に発達。福岡にはちょうど8月6日にぶち当たり、1日遅らせて出発。3泊4日の日程が2泊3日の足早の工程になりました。

8月7日9時集合・出発 島原には午後1時に到着。海はというと、昨日の台風にもかかわらず波もない平和な凪状態。ラッキー!早速水着に着替えサップのレッスン開始。ひと通りレッスンを受けて海へ。

始めは「ワー!怖い。」「立てない」なんて言ってたのですが、10分もするとSUPに立って沖の方まで漕ぎ出す子どもたち。2時間なんてあっという間に過ぎたのでした。

その日は九州国立大学研修所に泊まることに夜は体育館を借りて卓球、バドミントン、ドッジボール、バスケットボールなどをして、みんなで汗を流したのでした。

2日目は午後から熊本にフェリーで移動しなくてはいけないので、宿泊所を朝は早めに出発して、がまだすドームに向かいました。がまだすドームでは普賢岳の火砕流の映像や当時の展示物を見たり、地球とマグマの達人ゲームやショベルカーの砂利運びゲーム、子どもジオパークなどで2時間ほど楽しみフェリーに乗り込み熊本へ。

熊本の目的地は御船。まずは御船の恐竜博物館へ行き、恐竜の化石や骨格レプリカ、生き物の生い立ちなどの展示物を見て回りました。ローカルチックな田舎の恐竜博物館ですが、この地域でも三船竜のキバが見つかったりして、恐竜に力を入れていて、なかなか面白い博物館なのです。

その日はそこから30分程山手に行った吉無田高原キャンプ場で泊まり、我々だけがテント泊ということもあり、みんなでキャンプファイヤーをして、にぎやかに過ごしました。高原というだけあって夜も涼しく、寝袋に入らないと寒いくらいでした。最終日は化石掘り体験。キャンプをした場所から10分ほど下ったところに化石広場というところがあり、そこでは化石が掘れるということで、化石掘り体験をさせてもらいました。子どもも大人も岩をハンマーで砕き、中から貝や木、などの化石を全員探すことができ、満足そうな笑顔で帰ることができました。 

2019年 8月2日~4日 クラフト&アドベンチャー

8月2日~4日にかけて朝倉郡にある夜須高原青少年自然の家で「クラフト&アドベンチャー」のキャンプをしました。まず山に散歩に出かけ、木の枝や杉の実、松ぼっくりなどを拾ってきて、その枝で笛を作り、ピーピー鳴らして遊びました。だれかがお笑いでチョコプラの今流行りの「ティティティーティティティティー!」を笛で拭いたのをきっかけに、みんなでまねして遊んでいました。そして枝や木の実を今度はA4のキャンバスに貼りつけて、色を塗ったり、絵を描いたりしてアートスティックな作品を作りました。笛や絵を仕上げた子どもたちは2日目には、ビー玉コロコロのコリントゲーム作りに励んでいました。そして夜は肝試し的な夜の散歩をしたり、推理ゲームなどをして盛り上がっていました。2日目の夜は作品も仕上がったので、作品発表会をしました。作るときにこんなところが難しかったとか、こんなところを工夫したとかの意見も言ってもらいました。

3日目の朝からは自然の家を出発して、北九州にある千仏鍾乳洞と牡鹿鍾乳洞の探検に出かけました。千仏鍾乳洞は水のなかをジャブジャブ歩いて洞窟を進んでいきます。夏休みということもありラッシュ気味だったのですが、洞窟内は涼しく?寒く、水も冷たかったので、「さむっ!」「とか「つめたい!」とか、贅沢な愚痴を言いながら先に進みました。

牡鹿鍾乳洞は入り口からまず縦穴が30mぐらいあり、下を覗くと「すげー、ふかーい!」と驚くほどで、したに下りていくにつれ、だんだん涼しく?寒くなるのでした。この牡鹿鍾乳洞はサルやカワウソの化石があったりして、ローカルなのに人も少なく、プレイスクール的にはおもしろい探検ができ、いい鍾乳洞でした。

7月30日~31日 低学年 ドラゴンキャンプ

7月30日~31日にかけて低学年「ドラゴンキャンプ」を行いました。場所は福岡市から1時間30分ぐらいのところにある筑紫野市にある竜岩キャンプ場というところです。ここは川も流れていて、小魚やカニなども捕まえることができます。竜岩に着いた一行は、さっそく水着に着替えて川へ。浮袋に乗って川を流れて遊んだり、魚を無我夢中で追いかけて遊びました。お弁当を食べたあとももう一度川に浸かって遊びました。高いところから「勇気のしるし!」の飛び込みもしました。下界の暑さをしり目に、「あーさむーい!」と贅沢な悩みを言う子ども達でした。

そのあとは各班の旗作りをしました。4時ぐらいから山に薪集めに行き夕食作り。美味しい夕食を腹いっぱい食べたあとは、プレイ流ドラゴン祭り。キャンプファイヤーと出し物発表。最後にはみんなでビニビニ踊りで盛り上がって祭りも終了。

2日目は朝早く起きて薪集め、その薪で火を焚いて朝食作り。朝食のあとは川上り探検。みんなで川を上流に向かって突き進んでいきました。滑って転んだり、腕やひざを少し擦りむいた子もいましたが、勇敢な子どもたちは、めげずに完走?完歩したのでした。

午後からはドラゴンからの手紙をもらっての宝探し。ドラゴンからの指令の手紙通りに動く子どもたち。暑かったけどみんな必死になって動き回り、宝のありかを見つけたのでした。

キラキラ光る宝石の玉を見つけた子どもたちは、満足気にその宝を持って帰ったのでした。

6月 幼児クラス 「木を拾ってきたよ。」

幼児クラスの男の子がどこかで木を拾ってきたらしく、「これでなにかをつくりたい。」と言ってきた。「何をつくりたい?」「んー??」何かをしたい、と漠然と思っているようだった。「これでなにをつくろうか?」「ん???けん!」「剣か。わかった。じゃあ作ろう。」ということでさっそくノコギリで奮闘することにした。切り始めたら切りくずからいい~匂い。これはクスノキだね。「ふーん、クスノキ?」「そう、クスノキは切ると、こんな匂いがするんだよ。」「ふーん。」それからまたギーコギーコと作業が続いた。切れたー! 

次は釘を打つ作業。ボンドをつけてトントントン切った木を十字に組む。なんだか楽しそう。

できあがった剣を見て嬉しそうな男の子。大事な宝物が一つ増えてよかったね。満面の笑みで帰ったのでした。

6月 幼児クラス 父の日プレゼント作り

父の日のプレゼント作り。恒例の「お父さんの顔クッション」つくり、メガネをかけた顔、髪が長いお父さん、髪が相当短いお父さん などなどいろんな個性ある顔のクッションが出来上がったのでした。

6月 味噌 春仕込み

プレイスクールでは1年に2回春と秋に味噌作りをする。

今回は春の味噌仕込み。この1週間はお母さんたちが入れ替わりに集まって、せっせと味噌作りをする。もちろん子どもも手伝ってお味噌を作る家族もいらっしゃる。

春仕込みの味噌は出来上がりが早い。9月過ぎには食べれるだろう。この企画でお味噌料理をいっぱい食べるようになった家族も多い。

6月 小学生 吸盤吹き矢遊び

矢?の部分に吸盤が付いたタイプの吹き矢を仕入れて吹き矢遊びをした。始め箱の的当てをしていたが、命中率が高くなってきたので、今度は窓ガラスに○◎の中に点数を書いて、高得点に当てるというゲームをした。

それも飽きてきたので今度は、ヘルメットをかぶり、顔を透明プラスチックでカバーして、「ヘルメットに当る」ゲームをした。これは狙う側も当てられる側もスリルがあって面白く、交互に交代で的と射撃者に分かれて遊んだのだった。

6月 幼児クラス 積み箱くずし

春と秋のみそ作りのあとは、味噌の麹や塩を入れて送られてきた箱がたんまりある。それを使ってまずみんなその箱を積み上げたり、電車や船に見立てて工作をしたりするのが一つの楽しみ。

今日もバタバタと倒れるのを楽しみに、高く積み上げていますよ。

6月14日 ナースリークラス 福岡市動植物園ハイキング

5月に予定していた福岡市動植物園ハイキングが雨のため延び延びになって、やっと6月中旬に行くことができました。この日もちょっとあやしい天気ではあったのですが、なんとか雨も降らずに動物園でいろんな動物を見たり、植物園に行って走り回ったり、みんなでお弁当を食べたりして楽しむことができました。よかった。

(ナースリー担当スタッフが予定を組んだらいつも雨になるので、強力な雨女という噂。)

5月 小学生 小学生もスライム作り大好き

小学生のスライム作り、小学生の場合はシェービングクリームを入れて、泡プチプチのマシュマロ的なスライムだったり、ビーズやラメを練り込んでキラキラしたスライムを作ったりします。

5月17日 幼児クラス スライム作り

ベタベタ スライム作り ビローンと伸びたスライム子どもたちは大好きですが、お母さんたちからは、床やジュータンにこぼすと取れなくて大変なことになるので、あまり好まれません。

子どもたち いたずら顔でニコニコ。

5月8日 小学生 水曜日クラス 母の日プレゼント作り

今年の母の日のプレゼントはキャンバスにその日の子どもの写真を貼り、その周りに色を塗ったり、絵を描いたりしたものを、お母さんにあげるようにした。すると・・・・・プレゼントというよりも、みんな芸術的な作品になった。

5月1日 「親子で遊ぼうDAY!」鹿家公民館&海岸

5月の大型連休、親子で海辺の小学校廃校跡地の糸島にある鹿家公民館に一日遊びにおいで!ということで5月1日に、「親子であそぼうDAY!」というイベントをした。ちょっと曇り空ではあったのですが、沢山の親子が来てくれて、にぎやかな日になりました。

まず学校に到着した親子はバーベキューコンロに火をつけて炭火をおこし、お昼のバーベキューをおなかいっぱい食べてそのあと海岸へ行き、砂浜で遊んだり、カヌーに乗ったりして遊びました。少し水温は冷たかったのですが、元気な子たちは海に足をつけたり、ザブーン!と入って楽しんでいました。お母さんやお父さんもカヌーを楽しみました。

2019年4月 1年生歓迎ハイキング

2019年新年度に入った4月、新1年生の歓迎ハイキングに油山のもーもーランドに行った。この日は天気もよく、気持ちいい日本晴れで、桜も満開の日だった。もーもーランドに到着した一行は、まず1年生中心の遠足なので、1年生に自己紹介をしてもらい、今度行く小学校も聞いてみた。そしてその学校の上級生の人がいたら「よろしく。」と1年生を紹介をして、顔を覚えてもらった。そのあと少し早めのお弁当を食べ、各々好きな遊びグループに分かれて遊び、気持ちいい1日を過ごしたのだった。

2019年卒業自転車旅行 福岡中央区今泉→湯布院 3月28日~30日

 6年生の卒業自転車旅行 2泊3日がいよいよスタートしました。当然ですが、みんな元気満々、意気揚々としています。今回はプレイスクールがある福岡市中央区から湯布院まで走る予定です。

初日は坂道もないし、人数もすくないので、スムーズに進みました。11:20分に筑前町に到着、役場前の公園で昼食のお弁当にする。 初日はペースも上々で予定の5時を上回り、宿泊所には4時半には到着しました。旅館に着いて落ち着いた子たちは食事を済ませ、お風呂に入って今日一日の汗を流したあとに・散歩に出かけ、肝試しっぽい遊びをし、部屋に帰った子どもたちは、テレビを見たり、トランプをしたりと、楽しい時間を過ごし、10時消灯でした。

 3月28日 2日目、みんな元気です。多少手のひらが痛いと言ってる子にテーピングをしてあげ、9時に今日の走行の注意点を確認して出発。お尻が痛いはずなのに弱音を言ってくる子はいません。(サドルの上に敷く座布団も用意してあるのに。)9時50分に夜明けダムを通過。大分に入りました。ここからは日田です。お昼ごはんも予定より先の天ケ瀬温泉の河原で食べました。天気も良く気持ちい風が頬をくすぐっていました。

九重町の豊後中村駅を予定より大幅の4時に通過。そこからは水分峠山頂まで地獄の心臓破りの坂が続きます。

タイムリミット5時30分までには水分峠を越えられないだろう?と思っていたのですが、汗をブリブリかき、5時ちょっと過ぎには通、5時45分に湯布高原に無事到着しました。おめでとう!完走です。

今まで、自転車旅行で2日目の夕方までに湯布院まで到着した卒業旅行はありませんでした。今回は快挙の完走です。宿泊別荘地に到着した一行は、夕食のバーベキューのために、男子は火おこし、女子はごはんとおかずの仕込みをして美味しい夕食を楽しみました。そのあとはみんなで温泉に浸かり、疲れをゆっくり癒したあと、疲れているのに夜遅くまで、ワイワイと楽しんでいました。

 3月30日(土)最終日。きょうは自転車には乗りません。湯布院のトリックアート館に行って遊びました。

帰りの列車ではさすがに昨夜の寝不足のせいもあり、後半は爆睡でした。PM5時10分にプレイスクールに到着。

おつかれさま。中学生になってもまた、プレイスクールに遊びにきてください。

 

2019年3月 6年生を送る会・ラーメン替え玉の会

3月末に6年生が卒業となるので、6年生を送る会と言うのを行っている。

今年もプレイスクールの在校生から卒業の祝辞をもらい、卒業生もそれなりの希望を言葉にした。そのあと卒業生に向けて在校生が2人歌ってくれ、ちょびがギターを弾いてキャンプの時などに歌った歌を2曲ほどみんなで合唱、そのあと恒例の二人羽織風クリームたっぷりケーキ食べを行った。もちろんお決まりで顔にクリームたっぷりつけてもらう子も。

その後に6年生だけを連れて博多ラーメンを食べに行いく。替え玉を目的とした、卒業生ラーメン替え玉の会、これも卒業生恒例イベント。今年の子はあんまり食べなかったものの、替え玉3倍の子が女の子も含めて3人いた。

2019年1月・2月 幼児クラス アイススケート

2月、3月に2回福岡市博多区にあるパピオアイススケート場にスケートに行きました。

スケート場の3分の1を区切ってもらい、指導員をつけていただいて練習をします。

始めはハイハイから立ち上がる練習。そのあと歩く練習と少しづつ歩き方を教えてもらいます。今年も氷の上に立つことすらもできなかった子どもたちが全員立てるようになりました。中には早歩きで滑れる?ようになった子もいました。子どもはおぼえるのが早いですね。驚きです。

2019年3月1日~2日 幼児クラス お泊り会

幼児クラスのなかでも子どもたちにとって、1年に一回の大イベント「お泊り会」を3月1日~2日にかけて行った。

まずはお風呂行き。”天神湯の華”にタクシーとちょび号に分かれ出発!温泉では、勢いよく泡が出るバブル風呂や露天風呂などの沢山のふろに入れ替わり、立ち代わり入ってご満悦の子ども達でした。プレイスクールに帰ってきて夕ご飯を食べ、メインイベントの「まくら投げ」のためのまくら作りをして、お待ちかねの「まくらなげ合戦」を盛大に行ない、汗をブリブリかいた子どもたちでした。その後、少し疲れた体で段ボールハウスを作り、そこに布団や寝袋を敷いてマイハウスで就寝することに。暗くなってくるとお母さんを思い出し少し悲しい気持ちになってくる子もいましたが、まくら投げのおかげか1時間半ぐらいしたら、眠りに落ちて行きました。

昨夜悲しい気持ちになっていたことなんてどこ吹く風と言う感じで元気満々で起きる子ども達。朝いちは散歩に公園まで行って、ケイドロで朝から走り回ってかえってきました。朝食を済ませ、ひと遊びしたら最後 ”よくお泊りで来ました”の「がんばったで賞」の賞状と、折り紙金メダル授与式を行って終了。

元気よく、そして1日離れたお母さんに甘えながら帰っていく子どもたちでした。

2019年2月 ナースリークラス「親子でプレイスクール」

今日は親子で米粉クッキーを作りました。

美味しかったよ。

2019年2月ナースリークラス

・わたしはかわいいうさぎさんよ。

・おれはこわいオニだぞ!

・車つくったよ

・さあボールなげて!

2019年2月 2泊3日 雪遊び「広島やわたハイランド191スキー場」

今年の雪遊びは2泊3日で広島に行ってきました。雪遊びツアーの2日前までは雪がなくてどうなることかと思っていたのですが、子どもたちが出発する前日に雪が降ってくれたので、初心者のスキーレッスンもうまくいき、ほとんどの子が少しは滑れるようになったし、夜に宿泊所の前で ”プレイスクール流ランタン祭り” を計画していたこともでき、きれいでよかったです。帰る前に行こなった「雪上運動会」も楽しくでき、今年も本当に雪に恵まれた”雪遊びツアー”になりました。

2019年1月8日 ナースリー・幼児・小学生クラス 「七草がゆの会」

ナースリークラスと幼児クラスの新春の初出は1月8日でした。

ナースリーは午前中、色紙に手型、足型を絵具でべたべたつけて書初め?をしたあとに、七草がゆを食べました。

幼児クラスは午後から、ワープゲーム(すごろくゲーム盤)を作って遊んだあと、色紙に絵や言葉などを描いて書初めをしたあと七草がゆをみんなで食べ、一年の健康を願いました。

小学生は1月5日 一応正月ですので、みんなでコマ回しをしたあとカルタ遊びをやって、今年の目標を色紙に書き初めしたあとに、七草がゆを食べました。

2018年12月25日 幼児クラス クリスマス会

12月25日に 幼児クラスのクリスマス会を行いました。子どもたちが集まったらまず紙コップでけん玉を作り、みんなで遊びました。そのあとパンでケーキっぽくデコレーションして、キャンドルパーティー。そのあとスタッフによる人形劇を見て、待ちに待ったサンタクロースの登場で、バナナーマンの人形をプレゼントにもらいました。

2018年12月 もちつき

12月末にナースリー、幼児、小学生のクラスで3日間、5回の餅つきをしました。お父さん、お母さんたちもついてくれました。ナースリーの子たちもかわいい杵でついてくれましたよ。

2018年11月11日 手づくり市

11月11日に「手づくり市」を行いました。以前は子どもだけの手作りのお店だったのですが、3年前から親子で、或いは子どもだけで、手づくりのお店を出してもらうお店やさんごっこです。もちろん本物のお金で売ります。

手づくりの楽しさ、金銭移動の難しさなどを分かってもらうために行っています。

この日も一所懸命作ってきたものを売ってくれました。バライティーに富んだ小物やさんや美味しい食べ物やさん、的当てゲームやさんなどをいっぱい出店してくれました。

2018年11月 ナースリークラス

なんでそんな狭い所に入るの?って言うぐらい、子どもたちは狭い所に入るのが好きです。今日もいすを並べている下をくぐり抜けていく遊びを、長くやっていました。

2018年11月9日 幼児クラス「舞鶴公園に忍者の修行に行こう!」

幼児クラスも忍者とか戦いごっことかは大好きです。11月に入って秋らしい季節になってきた11月9日に幼児クラスで舞鶴公園に忍者の修行に行きました。まずはそんなに高くはありませんが、崖登りの練習です。そのあとジャンプの練習。手裏剣をみんなにあげて、手裏剣飛ばしの修行もしました。その後は剣の使い方を教え、大人対子どもチームに分かれてチャンバラごっこをしました。3回戦とも子ども組の勝利でした。

そして最後にキラキラダイヤモンドをおみやげにもらって、ニコニコ顔で帰ったのでした。

2018年10月度 かるがもクラブ

10月の親子活動「かるがもクラブ」はグリーンピア那珂川でダッチオーブンを使った料理をしよう!PART2 ということで、ダッチオーブンを使ってアウトドア料理を作りました。鳥丸ごとオーブン焼きやら、に牛肉ブロックの塩焼き、野菜焼き などいろんな料理がダッチオーブンでつくりました。

どちらかというと、お父さんたちが火を起こし、ご飯を炊いて、お母さんたちがダッチオーブンでオーブン料理を作りました。1時間ぐらいオーブンに火をかけた料理は、遠赤外線で何とも言えない美味しい料理に仕上がっていました。食事が済んだ後は、玉ねぎで布を染めて遊びました。

2018年10月 ナースリークラス 「親子でプレイスクール」

ナースリークラスは月に1回「親子でプレイスクール」というのをやっています。10月は福岡市中央区舞鶴にある、舞鶴公園に遊びにいきました。風車を作って走りまわってクルクル回る風車を楽しんだり、みんなで遊んだり、お昼にはお弁当を食べて、楽しい時間を過ごしました。

2019年10月 幼児クラス

みんなマットで遊ぶのが大好き。足でビヨーンとマットを蹴り上げて、バターン!と自分たちの体に覆いかぶせる遊びだ

2018年10月 小学生 忍者クラブ

小学生土曜日午後クラスは子どもたちが決めるクラブ活動をしていて、3か月ごとに新しいクラブに更新していく。もちろん子どもたちの希望で、継続するクラブも多い。忍者クラブは前回に引き続き継続したクラブだ。

この日は手裏剣をネットに的当てする修行と、木登り、綱渡りの修行を行った。

2018年9月28日 幼児クラス ダッチオーブンでおやつのパンとマシュマロ

9月も後半に入り、暑さも少し和らいできた28日にダッチオーブンでパンを焼きました。炭火の火でやいたので、周りに漏れている火がもったいなかったので、「マシュマロを持ってきて焼いて食べよう!」ということになって、みんなでマシュマロを串刺しにして、火のおすそ分けで焼いて食べました。中間おやつはやっぱりおいしいね。もちろんパンもおいしかったですよ。

 

2018年9月24日(日) 稲刈り

5月に植えたお米は今年は早々と実ったので稲刈りの日程がすこし遅く早めに刈り取ったとのことだったので、田植えをした少し上の田んぼのもち米を刈らせてもらうことにしました。それでも結構広く、1時までにやっと刈り終えました。そのあとはいつも通り七山のお野菜とかを使った田舎料理のお昼ごはん。おなかが空いているみんなは腹いっぱい美味しいお米をかき込んでいました。

 

2018年9月15日(土)人形劇場 とらまる人形劇団「カミナリさまのおしごと」

9月15日には岡山県倉敷市からとらまる人形劇団がきてくれました。スピード感がある人形劇で、子どもたちの目も釘づけでした。

2018年8月18日 小学生 夜の水族館行き

8月の夏休みの間に夜の水族館にいきました。3時半に集合して海ノ中道へ、マリンワールドに着いた一行はさっそくいろんな魚たちを見て回りました。そしてイルカのショータイムに合わせてイスカの会場でみんなで待ち合わせ。早々と来た子はイルカが跳ねて水をかけてくれる”水かぶり席”に早々と構えているのでした。そして本番、やっぱりザバーン!と水がかかるのをギャー!と叫んで楽しんでいたのでした。

2018年 「耶馬渓サイクリング周遊」8月22日~24日

朝9時にプレイに集合した耶馬渓サイクリングの仲間は、ちょび号に乗って耶馬渓へ。

洞門サイクリングターミナルで自転車を借り、昼食を済ませたあと、津民河川プールへ向かった。

河川プールに着いた一行はそそくさに着替えてプールへドブーン!「わっ!つめたっ!」みんな口々に「さむっ!」1時間以上水につかっていたので、寒くなって岩にゴロンと寝っ転がって「あ~~きもちいい~」とあたたかさをかみしめるのだった。

プール(川?)から上がった一行は宿泊所の「田舎の学校」へ向かった。最後の2㎞ぐらい上りだったので、「あーきつい。」「もう押してあるきたい」と愚痴をいう子どもたち。しかし「宿泊所に着いた子供たちはげんきんなもので、「外であそぼう!鬼ごっこする、野球する」とまた次の遊びをしていたのだった。

2日目「田舎の学校」を9時すぎに出発。青の洞門を見学して20㎞ほど走った菜旬館というところで昼食にした。

そのあと「アクアパーク」というダム湖にある水のレジャーができる場所に行き、子どもたちは子ども用の幅広いウェィクボードに乗って遊び、そのあとバナナボートに乗ったバナナボートはジェットコースターよりもスリルがあるぐらいで、めちゃくちゃ迫力があった。みんな、「うわー恐かった」「すごかった」「楽しかった」とそれぞれに楽しんでいた。のだった。そのあとまだ泳ぎたい、というので、近所のG&B海洋センターのプールに行くことにした。

プールで遊んだ後は宿舎に戻り、車で15分ほど行ったところにある「なかま温泉」という温泉に行った。ここの温泉は弱アルカリ泉でお肌ツルツルになりとても気持ちよかった。

そのあと食事も済み、部屋でくつろぐ?こどもたち。みんなで一緒に歌ったり、ちょっとおやつパーティーをしたりと、サイクリング周遊の最終夜を楽しく過ごしたのだった。

 最終日、今日は自転車を返すためにまず、11㎞先の山国のサイクリングセンターまで走ることに。

10:30分ぐらいに山国に着いた。昼食には早いので、このまま車で鯛生金山まで車で走ることにした。

鯛生金山へ着き、お昼を食べたあと金山探検をした。洞窟の入り口まで来るとみんな「ウワーさむっ!」。本当に鳥肌が一気に立ってしまった。

洞窟の中は金が昔掘られていた道具やマネキン人形が沢山置いてあり、子どもたちはそれを見て「おれこんな寒くて狭い場所で働きたくない」とか言っていたが、地下500mまでエレベーターで降りて行って作業をする、と書いてあるのを見て「すげー」と昔の人の働きや技術を関心していた。

そのあと「ゴールドハンティング」と言って本当の金をすくう体験をした。

ハンティングする池?には、自然石の小さなものや本物の金の1ミリほどの欠けら入っている。それを金すくい用の皿ですくった。金は小粒で小さいが、一応みんなゲットして満足気だった。

 

2018年 高学年 種子島「とびうおキャンプ」8月8日~12日

 種子島の「とびうおキャンプ」がいよいよ始まりました。天気も良く、みんな元気に来てくれて、無事スタート。

45分ほど遅れて鹿児島中央駅に到着。維新館を見学後高速船で種子島へ。

キャンプ場へは夕方到着。すぐにバーベキューや地元の刺身などの夕食を食べ、夜の砂浜の散歩や浜辺で歌ったりして楽しみました。

 8月9日 浦田海水浴場は台風の影響か波が高く、スノーケリングするにはあまり良くなかったので、となりの部落の湾が波高くない場所をお借りしてもぎるの練習をすることにした。陸での講習もしていたので、早めに覚えた子どもたちはマスクやフィンをつけさっそく海に繰り出した。波はちょっとあったが、きれいで魚やサンゴがいっぱい見れて、子どもたちも大喜びだった。

 8月10日 今日は朝一で釣りに行きたいという希望の子は5時半起きで近くの港に歩いて釣りに行った。

がんばったがこの日は魚は釣ることができなかったが、ウミガメがあいさつん来てくれたので、ラッキーだった。

台風は少しそれてきたのでキャンプ場前の波はおさまって、前の海に潜りに行くことができた。

コバルトブルーのスズメダイ、チョウチョウウオ、ブダイなどいっぱい見ることができた。

魚を釣ったり、ヤスで突いたりしてゲットした”子ども漁師”たちの魚をさばいてあげ、から揚げとして食卓に上がったりして、食卓が少し豪華になったりした。

 8月11日、海に入るのは午前中で最後というのに雨が降ったり止んだりで、海に入れるか心配だったが、青空が見えてきたので、「いまだ!」という感じで海に向かった。海には、昨日と同じように色とりどりにいろんな魚が出迎えてくれて楽しませてくれた。その日は村の祭りで「地引網に参加してください!」と言われるので、みんなも参加して地引網体験をした。広場では”魚ゲットじゃんけん会”が行われていて、うちの子が一番大きな魚をじゃんけんでゲット!これにはみんな驚きだった。60㎝ぐらいの大きな魚だった。「酢醤油で食べる方がうまいぞ。」と漁師さんが言うので、酢醤油で子どもたちは「うまい、うまい」と言ってあっと言う間にあの大きな魚がペロッと食べてしまった。

 食事のあとはプレイ流の”とびうお祭り”みんなで練習した出し物をすることにした。

各班 お題の”竜宮城”に沿っていろいろ面白い内容の劇をしてくれておもしろかった。

 8月12日、とびうおキャンプ 最終日、朝からキャンプ場出発。宇宙センターJAXAへ向けて出発。

宇宙センターでは、見学コーナーや体験コーナーにはまっていました。ここは、興味を持ってみると奥が深いので、年齢の高い子ほどじっくり見ていたのだった。そのあと高速船に乗り、鹿児島へ、鹿児島から新幹線に乗って博多駅に帰ってきたのでした。

2018年 中学年「ぐるっと雲仙・島原」8月4日~6日

今日から「ぐるっと雲仙・島原」の旅のキャンプが始まった。

天気も良く福岡からマイクロバスで順調に出発した。

南島原の加津佐に到着してすぐイルカウォッチングに船で出かけた。船で15分程度走るとイルカの姿が見えた。

イルカが少しずつ多くなり、マックス20~30頭ぐらいのイルカがジャンプしたり、ひるがえったりとサービスショットを我々に見せてくれた。そのあと「かずさ海水浴場」で海水浴を楽しんだ。少し波が高かったので、波乗りみたいな遊びを楽しんだのだった。

夕飯を食べ終わって散歩にでかけたり、友達どうし部屋で楽しい時間を過ごして1日終わった。

キャンプ2日目。島原城に行くまでの間に、原城跡(世界遺産)に立ち寄った。そこは天草四郎が最後に立てこもったお城で激しい合戦が行われた所でもあった。

次の島原城に向かった。島原城でも隠れキリシタンのことや、一揆のことなどを書かれたものがあった。そして、忍者や、甲冑をまとって記念撮影 パチリ!

そのあと雲仙に行ってみんなで温泉に浸かった。みんな「あーきもちい~~。」と顔をほころばせて温泉を楽しんでいた。夜はキャンプの最後の夜、「ぐるっと島原・雲仙祭り」を行った。テーマは「武士・武家・忍者」。

どの班も面白いエキサイトした劇を見せてくれた。

ぐるっと雲仙・島原キャンプの最終日、朝食を済ませたあと、ビードロ美術館へ向かった。ビードロ美術館では、ガラス工房体験ということで、コップに模様を入れる作業をした。テープをコップに貼りつけ、カッターナイフで自分の思い通りのデザインを切る。切ったところに小さい砂の粒子を高圧で吹きかけるとガラスの表面が削れ、表面がスリガラスになるのだ。できあがったグラスはどれも素敵な最高の思い出の「お土産オリジナルカップ」になった。

そこから佐賀の幕末維新博会場へむかった。会場は壁一面に映し出す映像や、人間と映像のコラボみたいな形もあり、幕末の佐賀藩の活躍や活躍した人なども分かりやすく解説されていた。

幕末維新博を見た後はプレイスクールへ直行したのだった。

2018年サマーキャンプ 低学年「かわせみキャンプ」7月31日~8月1日

7月31日から8月1日にかけて糸島市二丈町の山手にある真名子の木の香ランドキャンプ場で1泊2日のキャンプが始まった。キャンプ場に到着して、まずは川遊び。下界では暑かったが、山の中は涼しい。川の水は冷たくて、30分も入ると「さむ~~い。」とすぐ上がってきた。本当に冷たい水だった。

それから今夜の祭りの練習をした。

8時、うす暗くなってきたので、キャンプファイヤーに点火することにした。今回火の付きは悪かったが、少しづつ燃えて、そのあと一気に天高く燃え上がった。いよいよみんなの出し物、各班それぞれおもしろく工夫された出し物をみんなに披露してくれて楽しい祭りになった。

カワセミキャンプのみんなの出し物出し物はフィナーレを迎え、エキサイティングの時間、みんなアドレナリンが出てるの?というぐらいノリノリのお祭りのフィニッシュになった。最期には、みんなで恒例の「ビニビニ踊り」を踊って、祭りの幕を閉じたのだった。

 

2018年7月14日~15日 親子活動「かるがもクラブキャンプ」

7月14日(土)から15日(日)にかけて親子活動の「かるがもクラブ」で糸島市の真名子木の香ランドキャンプ場に行きました。下界は暑かったのですが、山の上は涼しくて川遊びのときは水が冷たく、水につけていた足が赤くなるほどでした。

夕飯は薪に火を起こしてごはんを炊き、炭火で肉や魚、野菜などを焼いて美味しく食べました。

夜は大人の宴の時間。みんな集まっ

次の日は美味しい竹パンとスープの朝食。これもおいしくいただき、そのあと川で遊んだりしてキャンプ場を後にしたのでした。